コランセラピストスクール


本ホームページ作者が気になるタイマッサージスクールのレッスンに実際に参加してレポートする新シリーズです。

第一回はコランセラピストスクール。プッサパー時代からの人気講師ソムチャイ先生のレッスンにも興味がありましたが、静かで美しいと評判のスクールの存在が前から気になっており、いつか行ってみたいと思っていました。

スクールへはタクシーを使ったのですが、スクンビット通りのNANA駅またはASOK駅から歩いても10分かからないくらいの距離です。門構えが立派な一軒家なのは以前、外国人向けの邸宅だったからだそうです。スクールの前は広々としていて緑が溢れ、リゾートホテルのコテージのような高級感ある上品な雰囲気です。
建物は一棟ですが、左側がコランセラピストスクールの入り口、右側がコランスパの入り口です。スパもリーゾナブルな料金で、多くのお客さんで賑わっていました。もちろんタイマッサージ(650バーツ/2h)も受けられます。

レッスンは、4、5人で行われることが多いそうで、タイマッサージのレッスンとしては理想的な人数です。
オーナーの江幡さんが、ソムチャイ先生が伝えたい細かいことまで日本語に通訳してくれるので、英語やタイ語では質問しにくいこともしっかり質問でき、知りたいことを漏れなく、詳しく説明してもらえるのはとても素晴らしいと思いました、江幡さん自身、ソムチャイ先生から長年指導を受けているので、江幡先生とソムチャイ先生、二人の先生が常時いるようなもので、日本人には嬉しいところです。二人とも笑顔が絶えない、とても優しくて気配りの出来る方なので教室はいつもリラックスした楽しい雰囲気に包まれています。

ソムチャイ先生は一つ一つの手技について、なぜこのポジションで、この方向に行うのか、身長差がある場合はどうすればいいのかを、理論的にわかりやすく説明してくれます。しかしただ説明するのではなく、実際に他の方法で行ったときに圧の入り方がどう変わるか体で感じてみたり、実際にやってみてどう思ったか等々、自分で考え、自分でやってみて、感じてみて、その手技が持つ意味を多角的に理解することをレッスンではとても大事にしています。ソムチャイ先生は技術の高さだけでなく、生徒が自分で成長できるようになるための「教え方」ということにこだわっているそうです。

コランセラピストスクールの上級コースでは最後に、1時間のオリジナルプランを考えるという課題もあります。技の形と順番を教えて、修了証を出して、はい終わりという学校が多々ある中、とても良心的なスクールと言っていいでしょう。なぜなら、自分で考えることはその後、セラピストとして活躍する場合に必ず必要になるからです。限られた時間で、体型も状態も異なるクライアントに合わせて何をすべきか、手技の一つ一つの意味をレッスンの段階から深く理解していれば、自力でシーケンスを組み立てることは難しいことではありません。

「手技の意味を理解し、そして、自分で考える力を身につける」

評判通りの素晴らしいスクールでした!

2010年7月28日訪問 camel


CORAN セラピストスクール



レッスンの様子




右からソムチャイ先生、江幡先生、筆者

レッスン後は併設のオーガニックカフェの前でたくさんのシャム猫とくつろげます